2009年10月24日

私がもっとも尊敬するレスラー

 今日は、私がもっとも尊敬するレスラーのお話をしたいと思います。
 彼の名は「ダスティーン・カーター」。オハイオ州に住む男の子で、兄がやっているレスリングを見学しに行ったとき、兄から「お前もやってみるか?」と誘われたとき、「そんなの、無理だよ」と答えました。
「お前、負けるのが怖いんだ」という、兄の言葉に、負けず嫌いの弟は反発しました。
「やってやる!!」
しかし、はじめてのレスリング。だれにも敵いません。この時、負けず嫌いの彼は、この時から本格的にレスリングを始めたのです。
 それから5年の歳月が流れました。途中からコーチをかってでる、スコットと、二人三脚で地獄のハードトレーニングを敢行したのです。
 二人の目標は、オハイオ州のチャンピオンになること。努力の甲斐があり、地区予選を3位入賞して彼は本戦のオハイオ州チャンピオンシップの出場したのです。
 この大会でも、彼は1回戦から活躍し、後、4勝で優勝というところまでこぎつけました。
 しかし、今回の相手は優勝候補の一人で、先にポイントを先取され、苦戦を強いられます。それでも、彼は最後まで諦めず、途中、同点まで追いつくも、最後に相手の技をくらい、判定で負けてしまいました。
 負けた彼は落胆した様子で、コーナーに去ろうとした時、満員の観客からチャンピオンのみに与えられる、スタンディングオペレーションが鳴り響き始めました。
 観客全員からの拍手に、彼ははじめ、キョトンとした顔つきから、それが自分に対するものであることに気がつくと、彼はその歓声に答えるように、高らかにガッツポースを決めました。彼が観客に突き上げた両手は、肘の先から、両足はモモの途中からありませんでした。
 実は彼は、両手、両足を「髄膜炎菌血症」という病気で失っていたのです。
彼は、試合後の記者会見で、紙に、マジックペンを両手で持ち、次のように書き記しました。
「5年間、地獄のトレーニングをして、栄光はたったの3日。これは、やる価値のあることなのか?HELL YES」
 
 彼の物語から、私は本当の勇気をもらいました。 
 
posted by まっちょ at 11:37 | Comment(2) | アマレス
この記事へのコメント
いい話ですね。
てっきりジョン・スミス選手とかセルゲイ・ベログラゾフ選手かと思ってました。

ジャン・ジャック・マシャドも手にハンデを負いながら偉大な柔術家として知られています。
勇気付けられますよね。
Posted by 佐ト@柔術ネコねこ at 2009年10月25日 17:43
柔術の人でもみえるんですね。
このようなハンデを負った人達の挑戦に比べると、年齢的なハンデは物の数ではないと教えられます。
Posted by まっちょ at 2009年10月26日 10:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。